大電ネットワーク機器製品ブランド COMMNIO(コムニオ)

お問い合わせ

ネットワーク機器トップ > メディアコンバータ > 検討中製品

RS485/光カスケード接続器<ラインアップ検討中>

ラインアップ化に向けた市場調査中につき、皆様のご意見をお聞かせください!

落雷・ノイズ対策にDVM信号を光ファイバで伝送しませんか

DMXとは?

DMXとは、照明の調光やムービングライトのコントロール等、照明制御に使用される通信プロトコルです。
正式にはDMX512-Aと呼ばれ、最大512chのデジタル信号を送受信することができます。
コントローラと機器はデイジーチェーン(数珠つなぎ)で接続されますが、一方向通信のためコントローラ以外の機器が制御信号を発信することはありません。

主な特徴

RS485/光カスケード接続機
DN9801Eシリーズ(基板タイプ)

RS485/光カスケード接続機 DN9801Eシリーズ(基板タイプ)
DMX信号の光化
DMX(RS485)のデジタルデータを独自方式で変調して、光信号に変換します。
光ファイバを利用することで、伝送距離を最長2kmまで延長できます。
DMXでの照明制御に
光インターフェイスで受信したデータをそのまま後段へ転送する「パススルー機能」により、カスケード接続が可能です。
DMX信号による照明の制御にご利用いただけます。
落雷・ノイズ対策に
光ファイバを活用することで、落雷やノイズによるトラブルを回避します。
競技場など、屋外での利用に最適です。
高温度対応
-20〜65℃までの動作を保証します。

使用イメージ

仕様概要(基盤タイプの場合)

シリアルポート 準拠規格 EIA/TIA RS-485準拠
伝送速度 250kbps
伝送方式 調歩同期方式 ※1
適用ケーブル
特性インピーダンス
100Ω
インターフェイス 圧着コネクタ(JST/VHコネクタ)
ピン配列 1:D+(非反転信号)、2:D-(反転信号)、3:SG
伝送距離(目安)※2 〜400m
光ポート 伝送方式 独自方式
適用光ファイバ 石英系GIマルチモード光ファイバ(帯域500MHz・km以上@1300nm)
インターフェイス 送・受信コネクタ各1ポート(計2ポート)
適合コネクタ SCコネクタ(JIS C 5973 F04形)
発光レベル -14〜-19dBm(62.5/125μmファイバ時)
-14〜-22.5dBm(50/125μmファイバ時)
受光レベル -14〜-30dBm
光許容損失 0〜11dB(62.5/125μmファイバ時)
0〜7.5dB(50/125μmファイバ時)
伝送距離(目安) 2m〜2km
遅延時間 初段 3.0μs以下(パススルー機能無効時)
2段目以降 200ns以下(パススルー機能有効時)
発熱量 最大11,800J/H(本体のみ)−平均5,940J/H(本体のみ)
環境条件 性能保証温度 -10℃〜60℃
動作保証温度 -20℃〜65℃
構造 外形寸法 W78mm×D68.5mm×H15mm以下(※部品足2.5mm以下)
質量 50g以下
DC電源定格 定格入力電圧 DC3.3V
消費電流 1A以下(0.5A:Typ)
電圧範囲(リップル含) DC3.15〜3.6V
消費電力(DC部) 3.3W以下

※1:マルチポイント接続は動作保証外です。
※2:AWG24のUTPケーブルを使用した場合における代表値です。
市場調査中製品のため、記載の内容から変更になる可能性があります。

ラインアップ・標準価格

シリーズ名 提供 標準価格(税抜)
DN9801Eシリーズ 基板タイプ 未定

※想定価格のご案内は可能です。お気軽にお問い合わせください。

ご意見をお聞かせください!

本製品はラインアップ化に向けた市場調査中につき、皆様からのご意見・ご要望を承り中です。
製品仕様等についてご質問やご意見・ご要望がございましたら、最寄りの営業所までお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォームからのご連絡もお待ちしております。

ネットワーク機器サービスサイトへ

ネットワーク機器
サービスサイト

電線/電力機器サービスサイトへ

電線/電力機器
サービスサイト

FAロボットケーブルサービスサイトへ

FAロボットケーブル
サービスサイト

産業機器サービスサイトへ

産業機器
サービスサイト

蛍光体サービスサイトへ

蛍光体
サービスサイト

アルミニウム合金線材サービスサイトへ

アルミニウム合金線材
サービスサイト

PAGE TOP

  1. サイトポリシー
  2. プライバシーポリシー

大電株式会社