電力機器製品一覧

電線/機器トップ > 電力機器製品一覧 > 電力ケーブル用レイカプラ

非接触電源装置Leicoupler®(レイカプラ)

このページをプリント

【写真】ケーブル活線劣化診断装置 AIR-(協)

写真を拡大

電力ケーブル用Leicoupler®

Leicoupler®(レイカプラ)とは
誘導現象を利用して開発した弊社の「非接触電源装置」の総称です。送電線・電力ケーブル付近に設置することで、電力を発生・供給することができます。
鉄塔やマンホール内といった電源確保が困難な現場でも各種機器に簡単に電力を供給することが可能となります。
電力ケーブル用レイカプラの特長
※1 AC33Arms時に出力1Wを確保できます。(DLC15の場合。DLC05はAC60Arms時に出力1Wを確保。)
※2 常設時は停電に対処するため、CT2台による多重化をおすすめします。
※3 DLC15の場合。DLC05は最大出力5Wです。
  • ラインナップ
  • 仕様
  • 設置方法・設置例
  • 無線データロガー

電力ケーブルへの設置方法

 CTを電力ケーブルへ

  • STEP1
    CTを開いて電力ケーブルへクランプ

    CTを開いて電力ケーブルへ
    クランプ

  • STEP2
    バンドでCTの周囲を固定

    バンドでCTの周囲を固定

  • STEP3
    白い防水筒をスライドさせる

    白い防水筒をスライドさせる

  • STEP4
    ストッパーを取り付ける

    ストッパーを取り付ける

 CTとDCケーブルを制御ボックスへ

DLC05

※メンテナンス端子は通常、使用することはありません。

DLC15

※並列接続端子は並列運転機能を利用する際に使用します。
(別売の並列接続ケーブルが必要です。)

使用例 (マンホール内監視装置の電源)

電力ケーブルにCT部をクランプした状態(撮影時は水を抜いています)

電力ケーブルにCT部をクランプした状態
(撮影時は水を抜いています)

ネットワーク機器サービスサイトへ

ネットワーク機器
サービスサイト

電線/電力機器サービスサイトへ

電線/電力機器
サービスサイト

FAロボットケーブルサービスサイトへ

FAロボットケーブル
サービスサイト

産業機器サービスサイトへ

産業機器
サービスサイト

蛍光体サービスサイトへ

蛍光体
サービスサイト

アルミニウム合金線材サービスサイトへ

アルミニウム合金線材
サービスサイト