ネットワーク機器トップ > メディアコンバータ > 保守サポート

保守サポートについて

大電では、安心して製品をご利用いただくための保守サポートを用意しています

コールセンター

弊社ネットワーク機器製品に関するテクニカルな内容をサポート致します。

なお、技術的なお問い合わせ以外の代替品のご依頼や製品の価格・納期のお問い合わせなどは各営業窓口までご連絡お願いします。

  • TEL.0120-588-545(フリーダイヤル・携帯・PHSにも対応)
  • FAX.0952-52-8547
  • E-MAIL.commnio@dyden.co.jp

受付時間:平日AM9:00~PM12:00、PM1:00~5:00
(土・日・祝等の弊社休業日以外)

コールセンター

代替品無償

本サービスは、保証期間中の製品に不具合が生じた場合の先出しセンドバック方式の代替品対応です。
当社営業窓口、もしくはコールセンターにご連絡を頂いた時点で動作不良と判断された場合、代替品出荷の準備が整い次第、当社上峰事業所(佐賀県)から日本国内ご指定の場所へ発送いたします。

また有償、無償に関わらず、オンサイトの保守メニューや保証期間の延長メニュー、メディアコンバータ製品の修理メニューはございません。

   受付窓口
弊社営業担当
◎ネットワーク機器部東日本営業所(東京)
 TEL:03-5684-2100
◎ネットワーク機器部西日本営業所(名古屋)
 TEL:052-211-1888
◎ネットワーク機器部西日本営業所(大阪)
 TEL:06-6229-3535
◎ネットワーク機器部九州営業所(佐賀)
 TEL:0952-52-8546
   対象製品
全製品
   受付時間
AM9:00~PM5:00(土・日・祝等の弊社休業日以外)

■代替品出荷の条件
・当社製品に起因する不具合であるかどうかの「切り分け」をお客様にて
 実施いただくことが前提となります。
 ※予防交換的な代替品出荷のご要求にはお応えすることができません。
・インテリジェントSW-HUBについては、サポートログの提示をお願い
 いたします。
 代替品のファームウェアは最新版にて対応させていただきます。
 また、当社にて設定を行うことはいたしません。
・切り分けに際して当社エンジニアの現地派遣は行いませんが、ご不明な点が
 あった場合には、当社担当者がE-mail、電話、FAX等で対応させて
 いただきます。
・保証期間中であっても取扱説明書に記載の保証外条件に当てはまる場合は
 本サービスの対象外となります。

代替品無償提供サービス

■代替品出荷までの目安期間
原則として在庫がある製品は午前11時までにご連絡いただいた場合、当日出荷致します。在庫がない製品や11時以降のご連絡は翌日以降の出荷となります。
製品やタイミングにより準備に日数がかかる場合が御座います。
即時交換対応が求められる環境においては予備機の準備をお勧めいたします。

無償保証期間

当ホームページに掲載されているネットワーク機器製品の保証期間は
全て5年間の無償保証となっております。


上記いずれも弊社出荷日起算の保証期間です。


また有償、無償に関わらず、オンサイトの保守メニューや保証期間の延長メニュー、メディアコンバータ製品の修理メニューはございません。

無償保証期間 5年間

ファームウェアのご案内

ファームウェアはこちらから御参照願います。
(対象製品:DNHD12Eシリーズ,DNHD6Eシリーズ、DN5520Eシリーズ,DN9830E)

障害発生の際のご注意事項

■端面清掃について
動作不良として返品されたものの数割が不具合再現せず、なかでも端面汚れによる不具合が疑われる(清掃後正常動作)ケースが多い傾向にございます。

障害発生時の切り分けと端面のメンテナンスを確実に行うことで、お客様のネットワークのダウンタイムを短くできるケースもございます。
お客様の大切なネットワークを守るために、何卒ご協力よろしくお願いいたします。

また、端面清掃には光コネクタ端面専用のクリーナーをご活用下さい。アルコール洗浄される場合は、洗浄後に必ずアルコールを拭き取っていただきますようお願いします。

■WG/WSG製品(マルチモードファイバ1心双方向仕様製品)使用上の注意
マルチモードファイバを使用した1心双方向仕様品は、光トランシーバ内部の端面の付着物によるエアギャップ反射によってビットエラーや誤リンクが発生する可能性があります。
特にマルチモードファイバは口径が大きいので反射も大きく、エアギャップ反射がビットエラーの主な原因になると考えられます。
また、エアギャップ反射によるエラーは発光パターンによって発生の可能性が変わりますので、ランダムな事象となり障害の再現性が低い状況です。

そこで、WG/WSG製品をご使用の際に通信障害が発生した場合には、光トランシーバ内の清掃(乾式のクリーナを推薦)を行っていただけますようお願い致します。
クリーナーの推奨品はNTT−AT社の「NEOCLEAN-EZペン型タイプ」です。

下記HPに光コネクタ端面清掃に関する ガイドライン(一般財団法人光産業技術振興協会様作成資料)が掲載されていますので、ご参照願います。
http://www.oitda.or.jp/main/st/TP12-1.pdf

■RJ45の嵌合による動作不安定について
1G版メディアコンバータ DN1800E/5810Eシリーズ使用上の注意
1000BASE-T規格は10/100BASE-TX規格と異なり、RJ45コネクタ8ピン全てを用い伝送していますので、RJ45コネクタの接触子の突出量がきちんと揃い、確実にロックしてないと特定のピンの接触不良により通信エラーやリンクダウンが発生致します。
RJ45コネクタ嵌合にガタつきがある状態では、UTPケーブルの振動によりRJ45コネクタが振動しコネクタの接触が不安定な状態になる事象が発生します。
RJ45コネクタの検査については、ケーブルテスタによって行われるのが一般的で、この確認方法ではケーブルテスタのジャック部との接続しか確認できず十分な確認とはなりません。

そこで該当製品をご使用いただく際には、RJ45コネクタを振動させて①ガタつきの有無の確認、②リンク状態が安定しているかをご確認お願い致します。

もし確認の結果問題が発生している場合にはRJ45コネクタを入れ替える等によりプラグを変更すれば不安定な状況は改善致します。

こちらにネットワークの不具合発生時にお客様にて確認していただける内容をまとめております。不具合の早期解決や不具合原因を早期に特定するためにご活用下さい。

■不具合内容アンケート
不具合発生時にはこちらの資料に開示できる範囲の情報をご記入の上報告頂けますと、より再現テストが実施しやすく不具合の解析につながります。皆様のご協力よろしくお願い致します。


保守サポートについて

メディアコンバータ製品一覧

検証機貸し出しサービス

お問い合わせ

ネットワーク機器サービスサイトへ

ネットワーク機器
サービスサイト

電線/電力機器サービスサイトへ

電線/電力機器
サービスサイト

FAロボットケーブルサービスサイトへ

FAロボットケーブル
サービスサイト

産業機器サービスサイトへ

産業機器
サービスサイト

蛍光体サービスサイトへ

蛍光体
サービスサイト

PAGE TOP

  1. サイトポリシー
  2. プライバシーポリシー

大電株式会社