ネットワーク機器トップ > 波長多重対応製品 > DWDM

DWDM用SFP+とMUX/DEMUX製品により、
お客様のこんなニーズにお応えします

このページをプリント

DWDM

1.容易にDWDM回線を構築
当社製10GメディアコンバータにDWDM用SFP+を組込み、光を合波・分波するMUX/DEMUXと組み合わせることで、簡単にDWDM回線を構築することが出来ます。
2.10Gを2~8回線構築
DWDM製品は、10G回線を2~8回線構築したい場合にフォーカスした製品仕様です。
コンパクトで、全て1Uサイズに収まります。
3.チューナブルタイプのSFP+で予備機削減
DWDM用SFP+は、お客様にて波長設定が可能なチューナブルタイプを採用しています。
予備品を最低1つ持つだけで済むことによる、大きなコストメリットを提供いたします。
4.最小構成から
回線数は必要な分だけのMC設置が可能ですので、必要最小限の構成から始めることが出来ます。
5.FEC機能による長距離伝送
FEC機能を用いることで、最長82km程度のファイバ1心伝送を可能にしました(DN6710E使用で4回線構成まで)。
6.監視機能
監視機能はSNMP機能に絞り、必要最低限の監視が可能です。

【基本構成】

メディアコンバータ本体DWDM用SFP+ メディアコンバータ本体
DWDM用SFP+
MUX/DEMUX MUX/DEMUX
ラックオプション(+SNMPユニット) ラックオプション
(+SNMPユニット)

「メディアコンバータ本体にDWDM用SFP+を搭載したもの」+「MUX/DEMUX」を「ラックオプション」に搭載します。

メディアコンバータ本体

型番 仕様
DN1820E 10GBASE-T/R スイッチングハブに10GBASE-Tをご使用になる場合におすすめです。
DN6820E 10GBASE-R/R スイッチングハブとの接続は10GBASE-SRなどをご使用になる場合におすすめです。
DN6710E リモート監視機能付
OTN対応
約65km以上の光伝送が必要な場合は、こちらの製品をご利用ください。

DWDM用SFP+

波長の組み合わせに基づき、型番を選定してください。
製品型番「TRS7081FECPA000-Cxx」の末尾には、下表のチャンネル欄のC61等の数字を当てはめてご発注ください。

回線数 MUX/DEMUX チャンネル 波長(nm) チャンネル 波長(nm) MUX/DEMUX
1回線 DNDWME-1A C61 1528.77 C60 1529.55 DNDWME-1B
2回線 C59 1530.33 C58 1531.12
3回線 C57 1531.90 C56 1532.68
4回線 C55 1533.47 C54 1534.25
5回線 DNDWME-2A C53 1535.04 C52 1535.82 DNDWME-2B
6回線 C51 1536.61 C50 1537.4
7回線 C49 1538.19 C48 1538.98
8回線 C47 1539.77 C46 1540.56

MUX/DEMUX

上表の通り、1~4回線まではDNDWME-1ADNDWME-1Bを組み合わせてご利用ください。
5~8回線接続される場合は、DNDWME-2ADNDWME-2Bを上記に追加してください。

ラックオプション

下表のメディアコンバータ収納台数に応じて、ラックオプションを選定してください。
※DNHD4Eは、DN9830EとMUX/DEMUXを併せてラックに搭載する場合の台数。
※DNHD6E/12Eは、MUX/DEMUXを併せてラックに搭載する場合の台数。

ラックオプション MC収納台数
DN1820E DN6820E DN6710E
DNHD4E 2台 1台
DNHD6E 4台 2台
DNHD12E 10台 5台
 

※上記ラックオプションは、高速FANモジュール(DNHDxEFANMD(HS))へ交換の上、ご使用ください。
※DNHD4Eをご利用でSMAP監視が必要な場合は、DN9830Eを別途ご注文ください。
 DNHD6E/12Eをご利用でSNMP監視が必要な場合は、末尾に「SNMPⅢ」の付く型番でご発注ください。
 例)DNHD6E-1P-SNMPⅢ、DNHD12E-2P-SNMPⅢ

10G複数回線を1本のファイバで通信したい:4回線を多重する場合

10GのSW-HUB毎にMCに接続し、MCからMUX/DEMUXにつないで回線を合波・分波して
1本のファイバで別拠点に伝送します。
MCは必要な回線数だけで構成が可能ですので無駄がありません。

10G複数回線を1本のファイバで通信したい:4回線を多重する場合

1本のファイバで10G×2~4程度の速度の回線を安価に構築したい:40Gの回線を構築する場合

SW-HUBのLAG(リンクアグリゲーション)機能を用いることで、複数の回線を束ねて数十Gの回線の構築が可能です。
回線数に応じたMCにつないでMUX/DEMUXで合波・分波し、1本のファイバで別拠点へ伝送します。

1本のファイバで10G×2~4程度の速度の回線を安価に構築したい:40Gの回線を構築する場合

伝送距離について

上記いずれのパターンにおいても、、60~80km程度(4回線まで)の長距離伝送が可能です。

回線数 MC本体 SFP+型番 波長 許容損失値 MUX/
DEMUX
対向
損失値
伝送路
許容損失値
システム
マージン
システムマージン
差引後損失値
目安
伝送距離
1~4回線 DN1820E TRS7081FECPA000-Cxx
(xx=61~54)
1.5μm帯 10~23dB 3.5dB 6.5~19.5dB 3dB 3.5~16.5dB 14~66km
DN6820E
DN6710 10~27dB
(eFECI.4/eFECI.7時)
6.5~23.5dB 3.5~20.5dB 14~82km
5~8回線 DN1820E TRS7081FECPA000-Cxx
(xx=53~46)
1.5μm帯 10~23dB 8.5dB 1.5~14.5dB 3dB 0~11.5dB 0~46km
DN6820E
DN6710E 10~27dB
(eFECI.4/eFECI.7時)
1.5~18.5dB 0~15.5dB 0~62km

トータル価格のイメージ

【対向での標準価格:10G×4回線構成時】

仕様 型番 数量 標準価格
(税抜)
小計
MUX/DEMUXユニット DNDWME-1A/1B 各1 256,000円 512,000円
10G版MC本体 10GBASE-R/R DN6820E 8 158,000円 1,264,000円
SFP+ 10GBASE-SR準拠(予備機1本含む) EOLP-8596-02-I 9 30,000円 270,000円
DWDM用SFP+ 10~23dB(予備機1本含む) TRS7081FECPA000-Cxx 9 340,000円 3,060,000円
ラックオプション(6スロット) SNMP監視、電源冗長 DNHD6E-2P-SNMPⅢ 2 234,000円 468,000円
総計 5,574,000円

【対向での標準価格:10G×2回線構成時】

仕様 型番 数量 標準価格
(税抜)
小計
MUX/DEMUXユニット DNDWME-1A/1B 各1 256,000円 512,000円
10G版MC本体 10GBASE-R/R DN6820E 4 158,000円 632,000円
SFP+ 10GBASE-SR準拠(予備機1本含む) EOLP-8596-02-I 5 30,000円 150,000円
DWDM用SFP+ 10~23dB(予備機1本含む) TRS7081FECPA000-Cxx 5 340,000円 1,700,000円
ラックオプション(6スロット) SNMP監視、電源冗長 DNHD6E-2P-SNMPⅢ 2 234,000円 468,000円
総計 3,462,000円

※上記内容は、SFP+の予備として10GBASE-SRとDWDM用SFP+各1本を含みます。
※MUX/DEMUXユニットは、DNDWME-1AとDNDWME-1B、DNDWME-2AとDNDWME-2Bをそれぞれ対向でお使いください。

保守サポートについて

メディアコンバータ製品一覧

検証機貸し出しサービス

お問い合わせ

ネットワーク機器サービスサイトへ

ネットワーク機器
サービスサイト

電線/電力機器サービスサイトへ

電線/電力機器
サービスサイト

FAロボットケーブルサービスサイトへ

FAロボットケーブル
サービスサイト

産業機器サービスサイトへ

産業機器
サービスサイト

蛍光体サービスサイトへ

蛍光体
サービスサイト

PAGE TOP

  1. サイトポリシー
  2. プライバシーポリシー

大電株式会社