ネットワーク機器トップ > スイッチングハブ > DN5160E

レイヤ2 インテリジェントスイッチングハブ

このページをプリント

DN5160E
写真を拡大

2019年3月末をもちまして販売を終了致します。
後継機はDN5161Eです。

DN5160E PoE/PoE+/UPOE給電対応
インテリジェントスイッチングハブ

  • PoE/PoE+/UPOE給電に対応したインテリジェント光スイッチングハブです。
    L2のスイッチングにより、各ポート間でデータ伝送を行います。
  • ポート構成 【光】100/1000M×4(うち3ポートはCombo)
          【メタル】10/100/1000M×8(うち3ポートはCombo)
          ※TP2~5はPoE対応
  • PoE給電対応。最大61.6Wの給電が可能です。
  • 19インチラックに搭載可能。別売りのDNMBxEシリーズとの組み合わせで、19インチラックに最大2台搭載可能です。

ファームウェアダウンロード

この業界で10数年実績を重ねた「日本製」ならではの品質基準と機能、コストのバランスを是非ご確認ください。

1.ポート構成
光(1000M-SFP)1ポート、メタル(10/100/1000M)5ポート、Combo(10/100/1000M)3ポートを備えます。
Comboポートにより、光・メタルポートをお好きな組み合わせで最大9ポートご利用いただけます。
光ポートにSFPを採用していますので、状況に応じた最適なSFPを用いることができます。
2.PoE給電対応
TP2~5 ポートは UTP ケーブルを使用して PoE/PoE+/UPOE 対応機器に対して給電可能です。
PoE(15.4W)×4、PoE+(30W)×2、UPOE(60W)×1。4ポート合わせて最大61.6Wの給電が可能です。
3.広い動作保証温度
動作保証温度(※)としてー20~60℃までの温度を保証致します。寒暖の厳しい環境下などに最適です。
※消費電力等が仕様値内に収まらない可能性はありますが、動作そのものは保証する温度範囲です。
4.回線復旧機能
MSTP(IEEE802.1s準拠)により、VLAN毎にToporogyを変えることが可能です。
これにより、光回線断や伝送機器故障時にループ化された健全伝送回線へ切り替え ることで、通信経路を形成します。
なお、MSTP多段接続モード時には最大254台 のループ構成が可能になります。
※多段接続モード時はループ上のルートブリッジ以外のブリッジは当社製品を組み合わせて下さい。
5.VLAN機能
ポートVLAN、タグVLAN(IEEE802.1Q)、マルチプル VLANを設定可能です。
通常 VLAN 最大 255グループ(DefaultVLAN 含む)、マルチプル VLAN 最大 8 グループです。
(通常 VLAN とマルチプル VLAN の併用は不可)
6.QoS対応
ポート毎に 4 段階の優先度を設定可能です。IEEE802.1p ユーザープライオリティタグ、MAC アドレスにも対応しています。
7.CISPR24に準拠
情報技術装置のイミュニティ規格であるCISPR24に準拠しています。

PoE/PoE+/UPOE給電対応 インテリジェントスイッチングハブ DN5160E

仕様書

DN5160E
PDFダウンロード:669KB

取扱説明書

DN5160E 取扱説明書

DN5160E(ハードウェア)

PDFダウンロード:1.3MB

本ページの価格は全て税抜表示となっています。

PoE/PoE+/UPOE給電対応 インテリジェントスイッチングハブ DN5160E

対応速度 光ポート数 メタルポート数 定格入力電圧 型番 標準価格
(税抜)
10/100/1000M 4ポート(SFP)
うち3ポートはCombo
8ポート
うち3ポートはCombo
AC100/240V DN5160E-AC オープン価格

本製品に使用するSFPはこちらをご覧ください。

保守サポートについて

メディアコンバータ製品一覧

検証機貸し出しサービス

お問い合わせ

ネットワーク機器サービスサイトへ

ネットワーク機器
サービスサイト

電線/電力機器サービスサイトへ

電線/電力機器
サービスサイト

FAロボットケーブルサービスサイトへ

FAロボットケーブル
サービスサイト

産業機器サービスサイトへ

産業機器
サービスサイト

蛍光体サービスサイトへ

蛍光体
サービスサイト

PAGE TOP

  1. サイトポリシー
  2. プライバシーポリシー

大電株式会社